« 時は変わるもの。 | トップページ | 水晶に宿る »

2014.09.11

自らの負を身代わりで打ち消す可能性

DSC053991

















最近彫ってないな~^^;

無になって集中したいと思いつつ。


~~~~

前にも書いた事がありますが
身代わりには感謝で供養しましょう。


大切にしているもの
長年愛用しているものなどには
持ち手の波動が宿ります。

元々物にも波動は存在しておりますが
持ち手の波動に染まっていき
独自のバランスが生まれます

その調和が感覚として感じられるのが好みとなります。
調子を左右する事もあるアイテムは、
つまり作ることも出来ると言う事です。

さてこの世界で大きな波を作る一つ、念。
人の心は常に波紋のように波動を出していますが
それを物に当てれば、その波動 のこもったものになります。

念入れと言われるものがそれであり
つまりその人の波動が入っていると言う事です。

念は人それぞれ持って生まれた個々の魂の方向性によりますが
皆違うものですから、波動同士波長の合いやすいものもあれば
どうにも調和のとれない事もあります。
合う人と合わない人がいるのはそう言う事です。

つまり物も同様に、他人の波長が宿っているものを手にしたとき
しっくり来るものと、なんとなく想像と違うと感じる
説明できない違和感がまさにそれです^^)


さて、愛着を持っているものはある意味分身と同様で
理屈ではなく、潜在意識で生活の中や人生のなかで必須と
感じ大切にしているものですから、
波動 やエネルギーだけで感じるならばその人と一心同体と言えます。

違いは一つだけ
私欲が存在していないと言うこと。

連動している事でそのものが生きているならば
言葉で説明するのは難しいのですがあえて言うならば・・・

喜んで身代わりになる、という事です。


おそらく誰もがここでこう言う想像をすると思います。



負や邪気、また念を身代わりで引き受けることで
自らの役目を終える・・・と。



   ・・・確かにそれはあります。



しかし今回お話したかったのは逆です



持ち手自らが発する負の念を引き受けることで
持ち手を守る自己犠牲もまた存在すると言うことです。

物自体がそうでなくても、つまり人それぞれが
それぞれの縁をいただいて護ってもらっています

外部から来る障害から護るだけではなく
自らの魂の発する負の連鎖を気が付かせる護り方も・・・・。


大切な存在との別れとは
実は一番大きな気付きの時でもあり

意識の切り替えと言う、それまでの心の浄化への
大きなターニングポイントと出来るチャンスともいえますね。



余談ですが・・・

心霊の世界に携わる人が怒りを持つと
その余波は、そうでない方とは比べ物にならないほど
大きなものとなります。
この業界の人がよく言うのが
自分の家の家電がよく壊れます^^;、というもの。

これって霊的な影響によるものも当然ありますが
そもそも自らの心の波長の影響によるところも大きく
さらに言えば、神と名乗る力を貸す側の存在の暴走も・・・

・・・・

いやいや・・・このくらいにしておきましょう^^)




合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 時は変わるもの。 | トップページ | 水晶に宿る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時は変わるもの。 | トップページ | 水晶に宿る »