« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015.01.22

霊の攻撃?

2e16c8aa.JPG










一般的に言う「霊感の強い人」の相談者宅に行くなかで
相談中その方の顔が突然こわばり
「今先生に霊が攻撃しています」的なことを言われることがあります。

まあ確かに色々と干渉を受けるお仕事ですので
様々な出来事を経験はしている毎日ではありますが^^;

さて、そんな時どうするかと言いますと

 無視です^^!

だって気にしても仕方ないですもの。


今成すべき事をしっかり成す。
その繰り返しが積重ねであり、その成り立ちの流れの後
必要に応じて向けるべく側に意識を向ける。

この筋道を飛び越えて、起こる事に意識をそがれると
通るものも通らなくなります。


今そこにある大きな不和に苛まれているとします。
もうそれが全てになってしまい、どうして良いか分からず
どう償えばよいか・・・そうにもでいないどころか
どう思われてしあうだろう、怒られるしかける迷惑も・・・

などと考え始めると、その思考は何処までも根を伸ばし
普段使わない領域に一瞬で意識をアクセスし、
起こっていない様々なケースを、まるで網の目のようにめぐらせ
最悪のケースをページをめくるように次々結果として生み出し続けてしまいます。


結局それ以外に手をつけることが出来ない状態になり
新たに出来なかった事由を増やしてしまい
追い詰められる・・・・と言う負の連鎖になります。


知ってください

苦とはその思考が作り出す
「自分の法律」が殆どであることを。


起こってしまった事は責任を持ち対処するしかありません。
時をかけて信頼の回復をするしかないのですが、その意識一つで
その対処の取り組み方が、逆に信頼を得る人も少なくないのです。
起こった出来事をどう受け止めるかで、
「ピンチをチャンスに変える」という"言葉だけで理解していたもの”を
実践で会得する一瞬のタイミングとできる可能性と捉えるなら
人の持つ力の大きさははかりしれませんね^^!


さて、今一度最初の言葉に戻ります

どうするか?

言ったとおり何もしません。
動じると言う事は、影響を受けているということです

されていても我慢しているのではなく
したいなら好きになされば良い、と思っているだけです。


痛みや不調を感じる事もあります
ですが、私は相談者様との話しの中で
目の前にいる方だけに話をしているのではなく
言葉の波紋をとても大切に波動 として発しています。

波動は波紋のように広がり空間に波を作ります。


その波のリズムは常に一定で安定させますので
感受性の高い方は体がその波動にあわせて揺れることもあります。

それはその方の魂がリズムに合わせて引っ張られるからであり
必要があって行う浄化や邪気祓いの効果は
この流れができていなければ意味を成さなくなります。


そして一番大切なのは、目の前の人だけではなく
周囲全てにその流れを作ること。

つまり浮かばれぬ想いや邪念の強い霊の負を解く最大の要素とは
そこにあると言うことです。


心一つで暗示が解けるなら
まず誰もが自らにかけている呪縛を解きはじめてほしいと感じます。


そのためにあるプロジェクトを行いました
今お話した意識の変化の一つのきっかけとなればよいな~と感じています

春に各方面で一斉に発表になると思います。

お楽しみに。


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

2015.01.09

黒い影

04884












黒い影は心霊の世界ではある意味
永遠のテーマと言えなくも無い。

先に答えを言ってしまうなら
今を生きる人の心と
今は亡き人の心は
どちらも同じであるという事。


無念を抱き、その無念が心を縛り
いずれ心全てがその感情に支配されたまま
肉体を失った魂のなかで
少しずつでも
受け入れる流れを持つ想念が残っているなら
時はかかれど少しずつ浄化も成されていき
長い時間の中で、悟りを得、
いつか何かをきっかけに
彼の岸に導かれるものです。

しかし聴く耳を持たぬ生き方を
貫く魂であった場合は
説得も波動も一切遮断し
自らのその一念のみに特化した世界感を
作り出してしまっていることがある。

このケースでは誰が何をしても
どうにもならないことは
メディアが心霊を扱い始めてから今に至るまでの
長い年月の中で見せてきた映像や
霊能者さんたちが言葉にしてきた世界観から
誰もがなんとなく
察するようにわかっているはずです。

その中の一つが
「黒い影」

何度も何度も書いていますが
この黒い影は大きく分けて二つあり

一つが霊体
そしてもう一つが霊的エネルギー


最初の霊体は、
文字通り霊としての現われ方の一つ
それを分類すると
さらにいくつかのパターンに分けることができるが
ここでは大別して一つとしておきます。

負やマイナスの要素の大きいものである事がおおく
そうですね、魔的な波動 ・・・
と言うと語弊があるかもしれませんが
私が言う魔的とは、そもそも人の心の中に存在する
魔の部分を面に出して生きていた人が肉体を失った後に
獲り込まれた存在となっている場合、あるいは
そう想いこんだまま
成りきっている霊というニュアンスで捉えてください。

そしてもう一つが
今を生きる人が発する霊的エネルギー
この霊的エネルギーの波動の強さは
過去何度も書きました。
人は人を呪いで負の影響を出せるかと言えば

「はい」です。



人の心で思うその感情は
生きている人の行動と同様であり
故に人は今を生きる中で何を問われているのかを・・・
この三行で察してください

それが人生の意味です。


黒い影は広がって行きます。

検索キーワードで
常に上位を占めている事でわかるように
現代社会の構成や、現代のツールが
便利であるが故、それに伴う本来バランスを
伴わねばならぬはずの対極側に意識が向かなくなり
結果、急速に
人の存在そのもののバランスが失われてきているのです。


心が不安定になるというかたちで。


その不安定なままで苦しい心の波動が
見えない流れを作っているなど・・・

見えないから分からないまま
その苦を、
目の前のつくえ、
布団


天井

自分の周囲のある空間はその波動に常に満ち
溢れるまま土地建物を覆い
周囲の同様の波動と惹きあい
さらに地区のなかで手を携えるように繋がりが広がり

さらに大きな流れに引き寄せられ

国を覆い

星を覆う頃には


争いが増長され

プライドや意地のみで
突き進み・・・。




宗教や信仰などはどうでも良い

勧誘や組織拡大など何の意味も無い。


大切なのは

まず一度心をリセットする事

そこに神さまや仏様を持ち出す必要がないのです。


ではなぜ象徴や仏像が存在するのか^^)

心に揺らがない柱が欲しいと思うなら
自らが欲しいと思うものを用意したら良い

ただそれだけなのです。


そしてなによりもまず
この世界に生まれて来た一つの命として
始めなければいけない事があります

それを始める最初の年にしませんか?


誰もが一人一人
持って生まれた個性があります

その個の発する波動が示す導きが
その人の強さであり
やさしさであり
安らぎである

そして充実となるのです。


私はご縁頂く方に
まずその方の波動 や方向性を明確にお伝えします。

その方向性が自分の行いに合わせていことで
良き流れを感じていただけるように願っています


土地の流れ
建物の流れ
人の肉体を取り巻く流れを通すことの大切さを知ってください。

黒い影は心を乱し
流れを見えなくします。

その影響を受けない生き方を大切にしてください。



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2015.01.01

元旦護摩祈願

e28





















物事には必ず折り返しがございます
この世界が存在する限りその法則には逆らえません。

上るなら必ずどこかに頂点があり
その後は下るしかないのです
当然下らなければ次に上ることも巡らず。


そう言う意味ではすでに折り返しの時が巡っています

この流れを取り入れ
次に転ずる動きをはじめてきたのであれば
そこに動き出す為の
切り替え、切捨て、転換を始める良い年と感じます。

実践あるのみ

言葉で言う前にもう動き出しましょう
動き始めて納得し、
それまでの概念の奥底に波紋が生まれ
その広がりから変化する意識を経て
そこで初めて出てくる言葉を大切にしましょう!


皆様にとって本年がより良い年でありますように。


本年も宜しくお願い致します。
 
 2015年 元旦



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »