« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015.02.28

新しい時代を意識できるように

1022-8000
















良い事が起こらず
どちらかと言うと悪いことのほうが多い・・・

いや悪いことばかりだ

運が悪いと思う人の思考は
悪い出来事と感じる記憶が最優先となり
良いことは思いだしてもすぐ終い込む
無意識の習慣となっているケースが多い。

同情や以下に悲惨かであるかをわかってもらう為の
術となっているケースもあり
なかなか一度ついた長い間の習慣は変えられないものですが

何をどう言おうが、どんなにそこで何回高額の祈願をしても
結局自分でその部分を変えて行くしか
流れを返る方法は無いのです。

難しいのは、その流れの出来ない理由を人のせいにする場合^^;

それが目的ではない事は誤解なさらないでくださいねと
明確に何度も説明していても
お金持ちになれない^^;とか
打ち上げが落ちてきたのでお祓いを・・・などと
言葉にされる場合・・・ 悲しくなります。

その感性が今の結果となっていることをまず知り
次の自分に代わるための、 それぞれにお伝えする
日々しなければならない事の始まりと継続が
大切な事を感じる期間を貫く

その間も、これをすればお金持ちになれる・・・などと考えているなら
そもそもしないほうが良いとすら思うのです。


本当に現状yを変えたいなら正直簡単なのです

すべきことも何も難しくありません。


手をあわせれば良い? 違います

仏壇を大事にする?  違います


進行や宗教を始める?  そもそもそんなもの必要ありません。


神さま仏さまを祀る?  違います^^)


まず、人は本来しなければならない事があります。


誰でも当たり前と口では言うのですが
しかし、心ではそれをしていない部分があります。


それを大切に感じ、それ行動で示すことで初めて「行った」事になります


しかしあるときを境にまったくしなくなり
しない事への罪悪感も意識の中で自分二都合よく塗り替えていき
いつしか、自分が基準となり、自分の都合を正義とし
それぞれが押し付けあう中で
本来の流れとは違う、目に見えるこの世界の部分だけで
バランスを作り上げ、時にはその時の都合で解釈を変え
時には言い換えながらうまくすり抜け世を渡り
嘘と虚栄と見栄で表面を塗り重ねてしまうと


もう退けなくなってしまうものです


まず何を大切に思うべきか
何が本質で、どうあるべきか。


そこをいつ誰に聞かれても即答えられる

その基点を心に忘れずいつも持ち続けられること
その為の習慣作りが最初に必要なのです。


何が答えなのか

生きる意味や人の命の理由


多くの研究家や宗教家の方々が
その答えをそれぞれの心に持っていることでしょう

色々な説明や理由を目にしたり耳にした事があると思います


浄霊師として私は思います

それらを踏まえた上で構いません
「まず一度リセットすべき」と。

答えは目の前にいつもあり
昔から今に至るまでそれは変わらず
今後も目の前にあり続けます


そこに意識を向けるだけ


ただそれだけで

心に一つの光がさし

その光が瞬時に輪となり
波紋のように広がり始める

その時全ての流れがこちらとなり
こちらは全ての流れアクセスしているのだと

それ以上でもそれ以下でもなく
ただそれだけ。

しかしそれが全てであり
そこに絶対的な波動があるのです。

その波動は願いを叶えるとか不可能を可能にしるとか
そんなものではなく、ただおだやかでゆるぎない
心の波動となるだけ

ただそれだけなのです


そしてその波動を持つ人は
すでに完成している人となるのです。



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2015.02.23

心意気

人生とは本当に勉強ですね

数年に一度、大きな試練をいただきます。

私はやっぱり未熟で^^
まあ自分で分かっていることですが
反省すべきは反省し

しかし自ら決めた道は揺るぎなく
ある意味そこを確認する為に
時々試される流れと思える日々の出来事に
感謝できる気持ちに切り替えられる意識を 大切に思える今

それで十分なのだと痛感^^)

最近、何通かお手紙を頂きました
面白いもので、偶然と言えばまああれですが^^;

重なる時は不思議とポンポンと同じ流れが重なるアレですよ!
同時期に過去お会いした方から
数日のうちに数通届いたのです。

もちろんそれぞれ別の県の無関係の方々から・・・^^;
近況報告や新しい流れのその後など
皆さんお会いしたい旨書かれています

そうですね
何か今、穏やかにお茶でもいただきながら
懐かしい皆さんとお会いしたい気がします

嘘の多い世の中で どれだけまっすぐお話しても
歪められてしまう・・・

そんな現代に生きながら
その中で大切な事を大切に思える

ただそれだけの心で集まれる方がいたら 良いな~とつくづくね。

もうすぐ春になります

その頃には皆様にあるプロジェクトのご報告と
それをお披露目する企画をご案内いたします。

解禁まで今しばらくお待ち頂きながら 同時に、
浄霊師 神島千尋としてのご報告のほかにもう一つ私が携わり、
現在すでに始まっているプロジェクトに関しても
お話をすることになると思います。

いずれの千火堂のプロジェクトですが
6月~7月頃、二つの大きな形をお見せいたします。

自らやると決めたことを自らが信じ貫く
そうなるべく努力し続ける事で
長い人生をかけて形を作る視野で動きましょう!

今が全てと思い込み 今の形を結果にしてしまうと
心は囚われてしまいかねません。

私自身その繰り返しでもがいた人生の前半を
繰り返さないために 今できること、
今しなければならないことを
わずかな時間で切り替えることの大切さを
本尊様の前でいつも学べることのありがたさを
忘れないように^^)

なかなか言葉で言うようにできない事も人は多いものですが
そうなるべく歩んでいるなら
それはしていると同じこと、
といいますが なかなかその通りにには行きません。

でもね

そうなるべく努力をしているその姿勢の繰り返しが
例えばある日突然その通りと思える瞬間がくるのでしょうね

それが晩年であったとしてもです^^

それは繰り返してきた結果であり
その人の流れに応じた「その時」にふさわしい
タイミングなのだと思うのです。

それを感じられる瞬間が人生の中で
何度来ると思います?

今生一度の中でわずかなタイミングでしかないその瞬間を
見逃しませんように^^。


合掌 浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2015.02.14

騙し騙され・・・

騙し騙され・・・

hana1212













人の言葉の暗示の怖さはこれまで沢山お話してきましたが
なぜ怖いのかを一言でいうなら

恐怖はそもそも人の言動から生まれるからです。

見たものを言葉に表す場合
人は自分の秤で表現します

人は誰もが生まれてから今に至るまで往々に
自分の目で物を見て
耳で聞いたことを基本として今の常識としています。

その常識は、自分の判断基準をもとにしていますので
誰もが必ずしも同じ訳ではないはずなのに

誰もがそれをそうだと思いこむケースが
互いのすれ違いを生みやすくなります。


持って生まれた意識(魂)の波動は
皆違います。

違う波動同士が「人」と言う形態でこの地の上で社会を形成してきましたので
大きなくくりで言うならば、人の傾向は似通ったものとなります。

しかし、あくまで大くくりの傾向の流れが人の全てではなく
その中の個々はまったく違う感性でぞれぞれの主張を繰り返し
互いの妥協点を無意識に探りあい
収まるポイントでおさめつつ、しかしそこに力が介在すると
ストレスを感じることで自らの心のバランスを計るという
ある意味限界の無いすばらしい機能を備えているともいえるのです。

しかしながら五感とはよくしたもので
物質としての限界を超えてしまうわけには行かないため
ストップやブレーキをかけることで
自らを守っているわけですが

その時に、予防線を張ろうとする事があります。

ストレスのはけ方のひとつとして
自分の思いを通す(我を通す)ことで守りとする生き方や
見栄を張ることで気持ちを通す性格
中には信じさせようとするあまり、話を大きくし
その繰り返しの中で、ある者は嘘を平気で言えるようになったり
人を笑わせることで気持ちを満足させると言う行き方になる人もいます。

恐怖を感じさせることにうれしさを感じる心の波動の持ち主は
常に怖い話をする機会を伺っている事も^^)

その中で、怖さを感じさせることに喜びを感じるならまあ良いとして
その言葉が人の心に浸透していくことを利用しようとする人も沢山います

そのなかで・・・
恐怖をあえて与えることで、自分を信じさせることを
テクニックとして使うようになる人がいます。
無意識であることもありますが
意識的にされている方もすくなくなく・・・


正直言いますね
それを僕は許せない気持ちが強いのです。

なぜならば、そう言う方々が多くいらっしゃるからです。
そしてその殆どの方が、恐怖を植え付けられ騙され
結果例外なく散財させられ・・・
最後に大きな借金をかかえ、
返済に追われることが最大の悩みとなっているはずなのに
それすら霊のせいと思い込み、お祓いで何とかしようと
あちこち流れ歩き、その度違う事を言われ
もう何をすれば良いのか分からないなり

そんな状態の場に私が呼ばれるのは珍しくなく
ある意味、それもお役目と思っていますが
あまりにひどすぎる・・・と思ってしまうケースが多発しています。


要するに、多額の金銭を要求され
生活苦に陥り、それでもなお恐怖を植え付けられ
結果要求され続ける高額を何とか工面しようと・・・

もうね^^;
そう言う時代やめませんか?


と本気で思うこの頃。


“言葉は人を惑わします、とても簡単に”
当たり前ですが、そこから抜け出せないのもこの世の性

「霊感がある」と言うだけで人は信じてしまうものです
なぜならば五感で計れないものを魂では理解しているのですが
それを説明できない側で生きているためにどうしても
五感で感じたいと言う欲求が常に働いてしまう

最後に神頼みするのはそれを意味しているからで
だからこそ本当はそれが大切とどこかで感じ
そこが答えになる事も年をとると共に強く感じていくように出来ている
でも五感側で生きている習慣にどっぷり浸かり
五感で得られる満足欲求度も比例して増大し続ける仕組みがバランスとして存在し

どちらを前(自分の心の基本)にするか常にその選択を求め続けられるが人生なら
今生一度の人生で今の一瞬が大きな岐路に成り得るということです。



合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (2)

2015.02.12

邪気

02628f0e.JPG







私は浄霊師です

浄霊師として何を視ているのかといいますと
波動を大切に感じます

波動とはこの世界を構築する根本であり
その波によりそれぞれのバランスは保たれています。


人の体の持つ波動と心(魂)は波動のバランスそのものです。
そのバランスを失った瞬間
流れは滞り、本来持つ力をうまく生かせないなると不調を感じ
その不調を長く続けると、その不和を基本として
全てを周すこととなり
つまり少しずつ少しずつ輪を崩していくことになります。

最初は微妙なズレしか見えませんので
その部分の対処で一見戻せたように感じますが
その歪は、あまりに大きな人生と言う時の流れの輪の中で
後に後に押しのけられ
五感では見えない先にほんの少しの狂いを生じさせていることなど
気がつきもしないまま、笑顔で楽しむ今。

時折、その修正を教える為に、あの手この手で
ほんの少しだけ廻る瞬間を頂きながらも
そう思うことの無いそれまでの長い習慣を貫き
継続させてしまう繰り返しは、その内嫌な出来事として認識し
それを意識しないように脳の中から排除させようとする。

人の機能とは凄いもので、拒絶反応を残さないように
一瞬で意識を切り替える事が出来るようにしてしまうものです。

現実逃避や都合の良い自己中

ギャンブル・お酒・過度なゲーム熱中などに飲める込みすぎなども
気をつけなければ、現代の闇と感じる人の負の念の集合体に
アクセスしやすくなってしまう可能性があります。

はっきり申しておきます!

私は頻繁に黒い影の話を書いておりますが
この黒い影の存在は大きく分けて二つ。

その一つが人の念の集合体です

その邪気に意識が同調すると、離れる事は本当に難しいと
浄霊師としての経験から言えます。

私が行う邪気祓いとは、この念の祓いです
多くの方が、軽くなったと言うのは祓ったからで
念はその習性上、とても強いマイナスの波長と
肉体に感覚を覚えさせるほどの物理的な作用を持っています。
つまり痛みや重さを感じさせるということです。

ですので、それを除けば、当然軽さや楽な感覚があると言うことです。

受けるには受けるだけの理由があり
その理由を知り、同じ繰り返しとならないように
それまでとは違う自分を新しい習慣で作り
それを繰り返す日々の中で
心身のバランスとはこう言うことか^^

と自分で経験し、納得する事で自分の自信となり
そのバランスの波動が、負の念を弾くことを護身とする生き方が大切と感じます。



もうすぐ春ですね



その頃、メディアや紙面を通し
その大切さを伝えようと思っています




合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (0)

2015.02.04

水子幼子さま

ghost131


















水子幼子さまなどの小さな御霊さまは
現われ方も分かりやすく
どちらかと言うと綺麗な波動 出ることが多いものです。

ただ必ずしもと言う訳ではなく、負の流れを纏い
幼いぶん強い意地を持つ御霊さまとなっている場合は
失礼な言い方ですが聞分けが無いケースもあります。

そこにいる人に介在してくるケースもあり
居座ったり掴んだりなどはもちろん
無邪気故周囲の負の流れを引き込みやすい事もあって
部分的ではありますが、
ある種その周辺だけ独特の領域を作り上げている事があります。

そう言う場は、霊感のある無いに関わらず
誰もが何か違和感を感じるスペースとなっているもので
そうは思わなくても、言われるとそう言えば気になっていた場所であることに
気がついたり、元々無意識にそこを避けていたと認識できるものです。

人の思考は、その人の意識でどのようにでも構築できるすばらしいもので
自分のライフワークの流れに沿い
必要であれば意識の表舞台に常に置かれていますし
そうでないもの、または必要としていない
あるいは避けておきたいものは裏側にひそかに送られていくようになっています。

送られても縁がある限り無くなる訳ではありませんので
ふとした拍子に思い出したり表側にふと過ぎる形で現われたりすることで
なんとなく意識させられている分、何ともいえない・・・または出来ない
解釈しきれないもやもやとして蓄積されてしまいます。

例えば、誰かの勝手な理屈や解釈で説明を受けたとします

しかし根本的に明確な基点を持ち、はっきり答えを描きながら発している言葉でない場合
人はその人の発する言魂に違和感を感じます
なぜならば、人は言葉が嘘であるか本当かを見抜くだけの力を誰もが持っているからです。

耳障りな理論や理屈、どうしても受け入れられない上から目線の言葉などがそれです。

かっこつけている言葉や、誰も言う事を聞かない命令などは
言葉と心に繋がりが無い波動 である事が殆どです。

逆に言えば、まずすべきことを始め、継続する中で会得出来る理論では分かっていたが
その本当に意味はこれなんだ!と理解できた瞬間に広がる心が繋がる先のすばらしさを
細胞が震えるように染み入るような体験^^)

そしてこの瞬間に計り知れない心の広がりを感じながらも
後になんて狭い了見だったんだと次の瞬間に思い知らされる^^;

その繰り返しの流れに入った人の言葉は
誰もが自然に耳を傾けるものです。


さて、話を戻します

純粋で素直な心のままの波動 が怒りをもつと
純粋なぶんだけある意味強いのです

そう言う時、浄霊師は何を示すべきか。

一発で世界観を視せなければいけません
強さ、おだやかさ、そして向かうべき方向性。
それらが揺らいでは、二度と浄化のチャンスを失うといって過言ではありません。

浄霊師の心の波動がブレることはあってはなりません。
そして同時に大切な要素がもう一つあります

そこに縁を持つ方々の心構えや行動。

これらが揃って初めて、その後の穏やかな空間を生み出します。

そんな流れの地に先日ご縁いただき改めて感じているところです^^)


何をすべきか
どうあるべきか

日々多くの方とお会いしお伝えさせていただいております。


合掌  浄霊師 神島千尋

| | コメント (4)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »