« 新しい時代を意識できるように | トップページ | 青き炎 »

2015.03.02

雑記をひとつ

mu












各地に伺う際、
その家で飼っているペットさんに会う事があります。

ペットさんも性格が様々で
まあ犬なら吠えますよね普通^^)

小型犬であればあるほど、と言う訳でもありませんが
結構がんばって吠えてくれます

猫ならすぐ行動に出ます
いつでも逃げれる体制で様子を伺ったり
そもそもその場からサッと離れて行くなど。


犬の場合は人の気を読みますので
その人の発する気や纏う流れに敏感に反応し
自分の立ち位置を決めます

対して猫はその人のバックボーンを形状と言うよりは
エネルギー的な波動で感じているようですので
その波動が自分にとって害をなすか否か、
敵か味方かと言う感覚が先に働くのでしょうね


いずれも、人と同じで慣性がありますので
いずれ成れてはきます。


この特性を応用すると
本来人に寄り付かない動物でも
最初から近寄ってくる事も珍しくはありません。

ただ性格はありますので、全ての動物に当てはまる訳ではなく
そもそも近寄ること自体嫌いな感覚の持ち主なら
何をどうやってもそれは無理と言うもの^^;


動物が逃げてしまう流れののなかに先の説明の一つ
バックボーンの存在があります
私が言うそれは心情や心の世界観もありますが
その人を包む目では見えない側で構成されている
霊的な繋がりまで含めた全ての意味です。

この取巻く流れは、その人に縁を結ぶ方にも常に影響を及ぼしているのですが
それが証拠に、付き合う人により価値観や運気などが変わったという
経験を多かれ少なかれ、誰でも経験した事があると思います。

これは五感では分からないと言うところに意味があり
魂が宿る人としての行き方に実はとても大きな要素の一つとなっています。

常にこの縁は変化し、入れ替わり、そのときに応じて変化して行きます


人はこの流れを日常に追われることで忘れて行きますが
動物さんたちは、これを基本として生きています。

ですので、動物の反応はある意味
その人のバックボーンをそのまま見えている、可能性もあると言うことです。


例えば、^^;  う~ん  あくまで例えばですからね

別に他意はありませんよ!  あくまでの話し。
(もちろんしつけの問題もありますので・・・^^;)

どこに行っても、動物に威嚇される
どのペットにも吠えられたりいつまでたってもなき止まない。
常に警戒されている、などの場合

もしかしたら、ご自身の後ろに
動物の怖がる・・・まあ普通ではない波動が取巻いている・・・
なんて事も無きにしも非ず、と言うことです。


どうしても動物さんに逃げられてしまうという方

まずお風呂に入ってゆっくりリラックスし
その後少し高級なお香でもゆっくり焚きながら
座禅ではなくてよいです、あぐらでかまいませんので
姿勢を正し、何も考えず、
時間の許す限り綺麗な景色でも思い浮かべてみてください。

そんな感性で同じペットさんにふれるなら
自然にそちらからフラリと寄ってくることでしょう^^!



合掌  浄霊師 神島千尋

|

« 新しい時代を意識できるように | トップページ | 青き炎 »

コメント

こんばんは。私は動物には逃げられませんが、こういうケースでは?
え~っと、目を閉じると、目の前に頭に白い三角なのをつけた、骨になりかけた女性が浮かぶんです。。。。
昨晩のことですが、今日は今のところ大丈夫。。。

投稿: グッピーちゃん | 2015.03.02 22時10分

それは・・・^^;
毎晩のこととなると
ちょっと心配ではありますね
お会いしたことがないので
今現在どのような状態かわかりませんので
何とも言えませんが^^;
まあ日常生活に不運や
どう考えても普通ではないと思える
トラブルや怪我があるようなら
浄化をしてもよいと思いますよ^^)

投稿: 神島千尋 | 2015.03.03 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい時代を意識できるように | トップページ | 青き炎 »